2013年10月26日

かなり時間経ってしまいましたが。

りっこです。お久しぶりです。

あくびがいなくなって1ヶ月以上もたってしまいました。


image/2013-10-26T16:21:16-1.jpg




あくびの闘病(私は何もしてない見守るだけでしたが)がおわり、

11月から産休に入る予定だった方がドクターストップかかり、1ヶ月早く産休に
入ることになったため、2週間で引き継ぎ。

そして去年も受けて落ちた試験が先週あったので、勉強に励んでおりました。

もうお盆明けからは人生で最高に精神的にプレッシャーの感じた2ヶ月でした。





あくびが亡くなった日のことを記録しておこうと思います。

あの日、夕方帰宅するとお水の器に顎を突っ込んだ状態で横になっているお嬢さん。

水が少しでもかかると嫌がっていたお嬢さんなので、顎も首もお手手も

濡れちゃっていた。

体力なくて動けなかったんだろうな…と思った。

あぁ…もうだめなのかな…なんて悲しくなりました。

その後相変わらず何も食べようとはしなかった。

一人で先に夕食をとっていると後ろであくびが苦しそうに鳴いた。

吐く前の時みたいにワオーン?ウオーン?何て表現したらいいかわからないけど

吐くのかな!?と思ってさすってあげた。

吐かなかったので、そのままそっとしておいたら(構いすぎると逃げようとする)

数分後にまたワオーンって。

さすってあげると落ち着くのかわからないけどさすってみてた。

それを何度か繰り返し、心配だったのでその日はリビングで寝ることにした。

その前日、前々日はあくびが気になって夜更かししていた
(見てるだけで何も出来ないけど寝ちゃダメな気がして…)

のもあったのか、横になったらすぐ寝落ちしてしまっていた。

眠りについて少ししてまたあくびがワオーンって鳴いた。

慌てておきてさすってみた。

落ち着いて逃げようとしたからすぐあくびから離れてまた横になった。

1時間後くらいにがりがジャンプしたので、あくびにちょっかい出しに行くかも!?

と慌てて起きた。


ご飯とお水置いている場所の近くで横になっているあくび。

触ってみると冷たくなっていました。

なぜ私はあくびの異変を感じながらも寝てしまったのだろう?

なぜこんなに近くにいたのに何も気が付かなかったんだろう?

何のためにここにいたんだろう?

あくびが苦しんだのか辛かったのかすらわかりません。

助けを求めていたかもしれません。

何も出来ませんでした。



あくび
ありがとう。
そしてごめんなさい。
とても幸せな日々を本当にありがとう。
本当にありがとう。
ありがとうとごめんしか言葉が見つからないけど。
ありがとう。
ありがとう。


image/2013-10-26T16:21:16-3.jpg

ニックネーム りっこ at 16:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
りっこさん、あくびちゃんの闘病色々と大変だったことと思います。
パンダ様と共にあくびちゃんが少しでも良い体調で過ごせるようにとされていたのをブログで拝見し、私にもかぶるものがあって辛さがわかり、見ながら泣いてしまったりしました。
あくびちゃんは間違いなく、お2人に出会えてとっても幸せでしたよ。
だから自分を責めないで。
さすってもらえて安心して天国に行ったんだと思う。
大好きなお2人のことをそばで見てて、力になってくれてるから!! ね。
Posted by にゃんこのはな at 2013年10月29日 19:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字

この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3543370
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック