2013年11月11日

10月23日夜

image/2013-11-11T22:36:18-1.jpg

あれから2日間ぐらいは見に行った時には仔猫は見かけませんでした。

どこかに隠れているかもですが…。
( ̄~ ̄;)


そして23日の夜11時頃にゴミ出しに行きました。

やはりゴミ捨て場にはいなくて、寂しいような気分になりました。
(-_-;)

しかし…

なんとなーくですが、ふと後ろを振り返ると、すぐ後ろに仔猫の姿が!
( ̄□ ̄;)!!

まずは道路脇で危ないですから、そーっと駐輪場のほうに歩いて行くとなぜかついてきてます。

そして慌てて相方に電話しました。

相方は朝が早いので申し訳なかったですが。
m(__)m

とにかくカリカリとチャオ鰹を持って来てくれるように頼みました。

どうするか悩みも当然ありましたが、お腹がすいてたのかだんだん近くに寄ってきます。

あれから思ってた通り、とにかく保護して、まずは病院に連れて行こうと思いました。


相方の『行くなら今やで!』の声に私は反応し…。
(´-ω-`)

『無事保護!!』
(・∀・)ノ


…と言いたいところですが、後ろから脇を持って急に持ち上げたので仔猫ちゃんパニックに。
( ̄□ ̄;)!!

えぇ~離す訳にも行かず、かといってタオルも入れ物もなく、手を噛まれるがままでした。
(><)

もう仔猫からの攻撃にサンドバッグ状態でしたね。
(笑)

結局、家まではもちそうにないですし、そのへんの自転車の籠にでも入れようとも考えましたが、あまりに暴れるので離してしまいました。
(ToT)

可哀想になったのと、手でかるーく握ってたんですが、力を入れないと感覚がなくなってきて、力をいれると仔猫が痛いかなぁと思ってしまいました。

引っ掻かれるぐらいは思ってましたが、まさか仔猫が噛むとはなぜか思ってなく甘かったです。

バカですね。
(笑)

そのまま茂みから出て来てくれなくなってしまったので、カリカリだけ置いてとりあえず退散しました。

保護は出来ない、怖がらせる、ケガするの最悪3拍子で、すごーく落ち込みましたねぇ。
(__;)

ご飯をあげたり、怖がらせたからにはとにかく保護しないとと、強く思いました!
( ̄^ ̄)


ちなみに後から相方に『なぜ首の後ろ持たないの?』と冷静に言われました。
(^_^;)

じゃあ貴様がその時に持つか、やってみろ!
(`´)

そして次回相方の挑戦は果たしてあるのか乞うご期待♪
(笑)

ちなみに仔猫の牙と侮ってたら、ものすごーく腫れて、血豆が出来たり、やっと今日痛みが患部を押さえない限りはないなぁって感じになりました。

長引きましたし、仔猫恐るべし!
( ̄^ ̄)

流血事件の現場のように、駐輪場から玄関までに血痕が残ってたのがなぜか笑ってしまいました。
( ̄^ ̄)


パンダ

ニックネーム りっこ at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | パンダ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字

この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3550680
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック