2013年11月17日

さて…保護したあとが大切!

image/2013-11-16T22:31:11-2.jpgimage/2013-11-16T22:31:11-1.jpg

無事保護出来たのは良かったのですが、問題はまずは猫エイズや白血病、パルボ等が陰性かどうかです。
( ̄~ ̄;)

ガーリーとの相性よりも重大な問題です。

実はそれをずっと悩んでました。


まずは翌日に病院へ。
ε=┏( ・_・)┛

車でもおとなしいし、お風呂場でも人が居なければ全く鳴かない非常にいい仔猫ちゃんです。
(・∀・)

誰かさんの幼少期とは偉い違いです。
(゚U。)?


診察してまずは猫風邪、回虫、特に耳ダニがひどかったです。


まずは猫風邪の飲み薬と、レボリューションを頂きました。

耳ダニにはレボリューションが効きにくいので効かなければまた違うものを。


肝心のウイルス検査については、保護してからの日数がまずは最低限10日欲しいので次回との事になりました。

まだドキドキする日が続きます。
(--;)


ちなみに猫エイズは抗体検査ですから、1回陰性と出ればまず大丈夫です。

仔猫ですし、他の猫と接触さえ(特に流血の喧嘩とか)なければ、母子感染ぐらいだと思います。

恐らくは仔猫ですから、縄張り争いに巻き込まれてたらケガしてるでしょうからないような気がします。

それに猫エイズならほとんどが血液感染ですから、ガーリーとうまくすれば同居も可能です。

問題は白血病で、唾液感染や、排出物でも感染します。

それに白血病ワクチンもありますが、効果は70%ぐらいらしいですし、ワクチンを打った場所が腫瘍になりやすいリスクもあります。
( ̄ロ ̄;)

検査も一応仔猫ですから潜伏期間を今回は保護してから10日はあけますが、まれに3週間とかの潜伏期間があります。

そして一番厄介なのが……例え検査キッドや、センターに検査を出しても、ウイルスが骨髄にいれば『陰性』になってしまう点です。( ̄□ ̄;)!!

ですから、本来は検査は数ヶ月毎に分けて、3回ぐらいするのがメーカーとか、獣医学のお薦めらしいです。

ただ、そんな長い期間を隔離生活させると今度は仔猫が成長するので先住猫とのスキンシップが仔猫より難しくはなります。
(-""-;)

ですから、成猫を保護した場合は、もう成長してるから先住との相性は同じですし、外で感染してるリスクも年月があるぶん高い訳ですから、じっくり6ヶ月ぐらいかけて検査をするのがベターかも知れませんね。
(´-ω-`)

ただ、それだけお金と時間をかけて3回や何回も検査したとしても……。

ウイルスが骨髄のみに潜伏してた場合は陰性反応が出るので一緒というのが怖いところです。

ですから、普通は1回の検査で済ます訳ですが、こういった面からまれに『外にも出さず、陰性だったのに発病した!』が起こるみたいです。

一瞬はガーリーももう1度検査しとこうかな?と考えました。
(同居してどちらがウイルスを持ってたかわからなくなる為)

でももう4歳8ヶ月ですから、まぁ大丈夫じゃないかと思います。

あと、猫エイズはリンパ腫や、FIPになる確率を凄く上げるみたいです。

あくびは乳腺腫瘍ですから恐らくは関係ないとの事。

ヤマトはFIPでしたが、ヤマトもあくびもガーリーも猫エイズは陰性でしたから。
(猫エイズは抗体検査なので検査してから他と接触しなければまず大丈夫)

まぁ仔猫ですから、白血病ウイルスに感染して、潜伏期間として、保護してから10日ぐらい空けるんでしょうね。

骨髄にウイルスが移ってしまって検査で陰性になるパターンはもう少し期間がかかる訳ですから。

まぁややこしい内容ですが、飼い主の無知から、愛猫2匹を病気で失いましたから、色々調べたり、先生に聞いたりより慎重になりました。
(;´∩`)

まぁ…慎重に越した事はないですしね。
( ̄^ ̄)

ただ、人間と同じで、運もありますから、何を食べても長生きする人はしますし、健康に気を使ってても早死にされたり、事故にあったりもしますが…。
(´▽`;)ゞ

まぁ少しでも長生き出来る確率をあげてあげる為!って感じぐらいで捉えるしかないんでしょう。

パルボとかもコンクリートや床で6ヶ月ぐらい生きてるらしいですから。
( ; ゚Д゚)

ウイルスも生き物ですから生きるのに必死…って事でしょうが…。
(ーー;)


色々書きましたが、捕捉や間違いが多少あるかもですが、先生や、現代医学の文献から記事にしてますのでまた何かの参考程度になればと思います。
m(__)m


とにかく1回陰性であれば、条件はヤマト、あくび、ガーリーと同じな訳ですし。

ただ、もしも、もしも陽性反応の場合が、まずは『ガーリーを!』が基本なので凄く悩む事になります。
(-""-;)

隔離生活も無理ですし、ガーリーにその為に白血病ワクチン打つのも…。


でも、その場合は仔猫が安全に幸せになってもらう為に保護した訳ですから、なんとか仔猫にとって少しでもいい形にしようとは思っています。
( ̄0 ̄)/

検査が無事で、仲良くガーリーと過ごせたら1番ベストですが!!

まずは次回3種混合ワクチン打てて、ウイルス検査出来る為に、風邪や回虫や耳ダニを完治からです。
o( ̄ ^  ̄ o)


(この時点では生後約10週間ぐらいとの事でした)


トイレはイチゴの形の洗面器ですが、そこで寝るので、また追加で相方がもう1つ仔猫にプレゼントです。("⌒∇⌒")

(捕捉)
文献であったのですが、隔離する場所は1番が浴室、2番が玄関、3番が違う部屋らしいです。

浴室は湿気があるのでウイルスが嫌がるのと、すぐに洗い流せるかららしいです。


パンダ

ニックネーム りっこ at 00:24| Comment(2) | TrackBack(0) | パンダ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何もないことを祈るばかりです。
外にいた子はだいたい回虫はいますね。
(あの可愛いツィビちゃんでさえわんさかと…)
ちなみにパンダ様たちがお風呂に入る時はネコちゃんどうしてるんですか〜?
早く普通に過ごせるようになると良いですね。
Posted by にゃんこのはな at 2013年11月17日 22:07
にゃんこのはな様へ


お風呂は諦めて入ってませんでした!
(・∀・)ノ

…は冗談で、浴槽に蓋をして、換気扇フル回転でシャワーのみでしたよ。

私はいいのですが、相方は湯船派ですから辛かったでしょうね。
(´-ω-`)
Posted by パンダ at 2013年11月18日 08:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字

この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3552963
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック